写真表現


写真表現
【内容:写真表現研究】
広告表現、新聞写真、写真編集、ソーシャルコミュニケーション、現代写真研究などの講義科目で構成しています。
【内容:写真表現】
広告写真、報道写真、ポートレート、建築写真などの実習科目で構成しています。

広告写真、報道写真、ポートレート、建築写真などの実習科目で構成しています。

詳細情報

【新聞写真(写真表現研究II)】
新聞写真には約100年の歴史があり、今の写真に対する価値観を定着させた一つの媒体です。日々の技術革新により取材現場では過去には考えられない苦労があります。撮影から送稿、紙面掲載まで何が求められるようになったのでしょうか。時代を記録し、記憶させる新聞写真について学びます。
【写真編集(写真表現研究III)】
写真と編集は不可分なものです。写真集や雑誌媒体に作品を発表するとき、つねに編集者、デザイナーが介在しますが、撮影者自らが客観性と批判性を持った視点で、自分の作品見ることが求められます。写真編集の現状を理解しながら、実践的に写真レイアウトを身につけることを目標とします。
【ソーシャル・コミュニケーション(写真表現研究Ⅳ)】
特に現代アートの写真作品を紹介し、作品を通して社会や鑑賞者とのインターラクティブな写真表現を考察します。作品表現では、ともすると作る側から写真を考えることが多く、どのように写真が読まれるかを忘れがちです。効果的な写真のコミュニケーションにおいては、作り手自身が受け手の存在を意識し、その解釈や批判、写真の二次的使用などを考慮に入れながら表現することが重要です。特に作品のヴィジュアル・リテラシーに重点を置き、その応用として写真表現研究を行います。
【現代写真研究(写真表現研究Ⅴ)】
現代の写真表現における主要な作家や傾向等の現状に関する知識、及びレポート作成を通した初歩的な作品表現やコンセプトの分析と資料調査の方法論の修得を目指します。
【広告写真(写真表現Ⅰ)<広告写真A>】
広告写真では、様々な対象を撮影することが要求されます。そのために、基本的な表現技術を修得することはもちろんのこと、常に新しい視覚を作り出せる力を養うことを目標とします。
【広告写真(写真表現Ⅰ)<広告写真B>】
要求や狙いに応えるためにの技術と斬新なアイディアを融合させ、与えられた条件から最大の効率が求められる写真表現を探ります。伝わりの良い写真表現が提供できる広告写真家としての資質を創ることを目標とします。
【広告写真(写真表現Ⅰ)<広告写真C>】
広告業務全般を考察し、広告制作における映像表現の基本をマスターします。撮影の目的を理解し、作品を撮ることの楽しさを体感しながら、こしらえる事への情熱を作品に定着させる力を養います。
【報道写真(写真表現Ⅱ)】
主に、内外のドキュメンタリーフォトの昨今を追いながら、現代の出版界の事情、未来展望を考えて、講義します。
【ポートレート(写真表現Ⅲ)】
ポートレートの意味を考えながら、人物写真を撮る時に必要なスキル(ライティング、構図、ポーズ、演出方法など)を身につけていきます。一人ひとりが個性を伸ばしながら自分の世界を追求し、表現できるようにする事を目的とします。
【建築写真(写真表現Ⅳ)】
建築写真とは、いわゆる竣工・完成・記録写真といわれているものが一般的でしたが、建築物を被写体とした造形写真や建築群が主体となる風景写真、生活感あふれる都市景観写真、建築を主題とした風俗写真なども建築写真として広域に考えてもいいでしょう。アナログ写真撮影の歴史や基礎的な技術を学ぶとともに、デジタル写真の技法を習得し、最終的には近代建築から古建築まで幅広く建築物を被写体とした作品作りを進め、発表できるまでにすることを目標にします。

数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。