写真技術


写真技術
【内容】
カラープリント、ファインプリント、特殊技法、プレゼンテーションなどの実習科目として開講しています。

カラープリント、ファインプリント、特殊技法、プレゼンテーションなどの実習科目として開講しています。

詳細情報

【カラープリント実習<銀塩>(写真技術I)】
写真作品の多くがカラー作品です。授業ではネガ・ポジ方式のカラープリントを通じて、写真における色彩の認識、各種撮影光源の性質、プリント観察光源の演色性、撮影/プリントにおける色の調整法の修得を目的とした実習を行います。また、付随するカラー写真の歴史、色彩原理についても考察します。正しい色の認識を身につけることを到達目標とします。
【カラープリント実習<デジタル>(写真技術I)】
デジタル写真は基本がカラー写真です。授業ではデジタルカラープリントに必要な色の概念、基礎知識の修得を目的として、講義、実習を行います。各種撮影光源の性質、観察光源の演色性、モニタ、プリンタにおける色の調整法を修得し、作品制作に活かすことを到達目標とします。
【ファインプリント(写真技術II)】
アンセル・アダムス等によって発展してきた黒白写真表現のオーソドックスな伝統を振り返りながら、完璧を目指したプリントを制作するという情熱を持って、今日的視点で自己表現の可能性を追求し、各種コンテスト等で作品発表ができるレベルを目標とします。
【特殊技法(写真技術III)】
写真画像作品を制作するための基礎的な技術の学習とその応用を考えます。
【プレゼンテーション(写真技術V)】
「写真」は撮ることから始まり、現像(画像加工)し、プリントに仕上げますが、その後のプレゼンテーションについてはなかなか実践できていないのではないでしょうか。まず、歴史的な写真や作家の写真(オリジナルプリント)を観ることから始めて、自分の作品を魅せることを実習で身につけましょう。 実際に美術館で行われている「マッティング=展示と保存方法」を実践的に学びながら、一枚の写真を作品として完成させ、それらを展示や発表すること「プレゼンテーション」の大切さを再考します。

数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。