西垣 仁美 教授 Hitomi NISHIGAKI


西垣 仁美 教授 Hitomi NISHIGAKI
【最終学歴】
1986年 日本大学大学院芸術学研究科文芸学専攻修了
【主な担当科目】
写真基礎演習III・写真作家作品研究 II・ゼミナール・写真技術I

近代写真と現代写真。写真家としてはマン・レイの研究を続けている。 花の写真や自然の写真を中心に撮影している。

教育方針と内容

【写真作家作品研究II】
約165年の写真の歴史の中で、近代写真と呼ばれる20世紀前半の写真作品は、カメラや感光材料の発展によって、表現領域が広がりました。アメリカ、フランス、ドイツ、日本の作品を中心に紹介し、前近代と何が変わってきたのかを解説することによって、写真表現の幅広さを知ってもらいたいです。そしてその思想や作品技術を反芻し、自らの作品制作に活かしてもらいたいと願っています。できるだけ多くの写真家と作品を紹介する努力を心がけています。
【写真技術I】
写真作品の多くがカラー作品である。授業ではネガ・ポジ方式のカラープリントを通じて、写真における色彩の認識、各種撮影光源の性質、プリント観察光源の演色性、撮影/プリントにおける色の調整法の修得を目的とした実習を行う。また、付随するカラー写真の歴史、色彩原理についても考察する。正しい色の認識を身につけることを到達目標とする。
【研究 創作 領域・業績】
近代写真と現代写真。写真家としてはマン・レイの研究を続けている。研究活動が主で、創作活動は副と考えてはいるが、創作も続けている。 花の写真や自然の写真を中心に撮影している。

・「2006年写真の動向」12写真芸術(2007年)
・「日本の近代写真について」(1990年)
・「マン・レイ論 −『LA PHOTOGRAPHIE N’EST PAS L’ART』を中心に−」(1993年)
・あじさい会写真展(1984年〜2007年)
・芸術学部紀要創作篇に作品発表(1987年〜2007年)
【社会活動】
日本写真芸術学会理事/日本写真学会会員/日本映像学会会員/日本写真協会会員

数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。