打林 俊 講師 Shun UCHIBAYASHI


打林 俊 講師 Shun UCHIBAYASHI
【最終学歴】
日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了
【主な担当科目】
写真史I

教育方針と内容

【写真史I】
絵画や版画といった平面芸術の歴史に比べると、写真の歴史は遥かに短いものです。しかし、写真はこんにちの私たちの日常生活に密接に関わる表現媒体でもあります。写真はどのようなニーズをもって発明されたのか、そして、「見ることの歴史」をどのように変えていったのでしょうか。  本講義では、18世紀の写真発明以前から20世紀にいたるまで、写真が視覚文化の歴史の中で社会や芸術表現とどのように関わっていったのかについて、基礎的な知識を習得することを目的としています。

数量:
  • mixiチェック

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。