志賀裕一 助教 Yuichi SHIGA


志賀裕一 助教 Yuichi SHIGA
【最終学歴】
日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程映像芸術専攻修了
【主な担当科目】
写真技術IB

教育方針と内容

今日において、芸術の中では写真の立ち位置は変化しつつある。 デジタルテクノロジーの急速な進化に伴い、写真は非常に一般的なものとなり、 現代美術の中での写真の活用方法は実に多様である。 写真表現を行う上で重要なことは、そうした現状を鑑みた上で長い写真史・美術史の上で自らがどこに立っているのかを認知し、今日的な視点で自己の表現を追求することだと考えられる。 そのためにも、写真の根幹的な技術や知識を深く理解・習得することで、写真表現の可能性を広げる力を養うことを目指す。
【研究 創作 領域・業績】
写真という表現媒体を用いて、「観る」という行為について考察し制作活動を行っている。 主に銀塩黒白写真を用いて高品質なプリント表現を研究し、より高い表現力、モノとしての強い独自性を追求する。

<写真展>
・「平成22年度大学院映像芸術専攻(写真分野)修了制作展」日本大学芸術資料館2011.4
・「助手展2013」Chika Ecoda 2014.3
・「助手展2014」A&D Gallery 2015.1
・「温室育ち展」Gallery Drain 2015.3
・個展「OUTWORD」Gallery Stoks 2016.1
・「助手展2015」A&D Gallery 2016.3
・「助手展2016」Chika Ecoda 2017.2

<研究発表>
・「現代に於けるブロムオイルプリントの再現」日本芸術学会2010.6
・「デジタル化の方法」平成23年度文化庁「文化関係資料のアーカイブの構築に関する調査研究」報告書2012.3
・芸術学部紀要創作編 作品発表2016

【社会活動】
日本写真芸術学会会員

数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。