学会情報


学会情報
【APIS 2012 TOKYO】
2012年9月8日(土)、9日(日)に日本大学芸術学部江古田校舎で開催されました。

APISとは
アメリカとヨーロッパで交互に開催されているプラチナプリントやダゲレオタイプなどのオルタナティブプロセスをテーマとした国際シンポジウムです。日本でもオルタナティブプロセスが盛んになっていることから、2012年のAPISを日本で開催する提案を受け企画されました。海外からの講演もあり、貴重な研究発表が行われました。

主催:APIS2012実行委員会
協賛:日本写真芸術学会、日本大学芸術学部写真学科、株式会社ピクトリコ、フォト・ギャラリー・インターナショナル
詳細:APIS 2012 TOKYO 公式サイト
【日本写真芸術学会 第15回関西シンポジウム「写真教育の思索」】
第3部 パネルディスカッション「これからの写真教育」にパネラーとして写真学科教授原直久が参加しました。
【第14回関西シンポジウムデジタル写真時代のファインプリント】
第2部 パネル ディスカッション・質疑応答にパネラーとして写真学科教授原直久が参加しました。
【プロフェッショナルフォトゼミナール】
毎年3月末に日本大学芸術学部江古田校舎で開催 「プロフェッショナルフォトゼミナール」は日本写真館協会主催の教育活動で、業種の再生と創世を目的に、市場開拓(需要創出)・プロ技術の向上・若手の育成を柱にこれからの業態を切り拓く力を養成していくこと目指したイベントです。日本大学芸術学部写真学科ではこの活動を後援しています。

「APIS2012Tokyo」が2012年9月8日~9日、日本大学芸術学部江古田校舎で開催されました。アメリカとヨーロッパで交互に開催されているプラチナプリントやダゲレオタイプなどのオルタナティブプロセスをテーマとした国際シンポジウムです。


数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。