大矢真梨子「自由な鏡」2006年金丸重嶺賞受賞作品


大矢真梨子「自由な鏡」2006年金丸重嶺賞受賞作品
  • 大矢真梨子「自由な鏡」
[作者]
大矢真梨子

[作品]
「自由な鏡」

[解説]
一篇の自作の詩に写真を4枚続けて1章とし、全体を5章で構成した。カメラを心の内を表す自由な鏡と捉えることで、新の自分と向き合い、私が存在する意味を探求している。まず自分の心と向かい合い詩という形で深層を取り出し、それを写真というビジュアルに置き換えて作品化した。自己の影のモチーフと、写真の具象的機能と少量のはざまを精神が自由に往来し作者の内面を暗示していることが評価された。

[受賞]
2006年金丸重嶺賞

一篇の自作の詩に写真を4枚続けて1章とし、全体を5章で構成した。カメラを心の内を表す自由な鏡と捉えることで、新の自分と向き合い、私が存在する意味を探求している。まず自分の心と向かい合い詩という形で深層を取り出し、それを写真というビジュアルに置き換えて作品化した。自己の影のモチーフと、写真の具象的機能と少量のはざまを精神が自由に往来し作者の内面を暗示していることが評価された。


数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。