小川優樹「World’s end」2008年芸術学部長賞受賞作品


小川優樹「World’s end」2008年芸術学部長賞受賞作品
  • 小川優樹「World’s end」
[作者]
小川優樹

[作品]
「World’s end」

[解説]
世界の終りというテーマで制作され、そのコンセプトは旧約聖書から導き、人間世界の崩壊と復活の予感をイメージし、象徴化した作品である。イタリアの古都や近代の都パリを取材し、一つの世界の終焉と復活を予感させる秀作である。

[受賞]
2008年芸術学部長賞

世界の終りというテーマで制作され、そのコンセプトは旧約聖書から導き、人間世界の崩壊と復活の予感をイメージし、象徴化した作品である。イタリアの古都や近代の都パリを取材し、一つの世界の終焉と復活を予感させる秀作である。


数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。