彦根藍矢「どちらでもないもの - Beides」2015年芸術学部奨励賞受賞作品


彦根藍矢「どちらでもないもの - Beides」2015年芸術学部奨励賞受賞作品
  • 彦根藍矢「どちらでもないもの - Beides」
[作者]
彦根藍矢

[作品]
「どちらでもないもの - Beides」

[解説]
都市に散在する空間としての空き地の多義的な意味や役割を問いかけたユニークな作品である。作者は空き地を「どちらでもないもの」と捉え、その多義性の写真による視覚的表現を試み、同時にそれを自らが抱えるアイデンティティの問題にも重ねている。我々が暮らす環境や社会に目を向けた優れた作品として評価された。

[受賞]
2015年芸術学部奨励賞受賞
重要

都市に散在する空間としての空き地の多義的な意味や役割を問いかけたユニークな作品である。作者は空き地を「どちらでもないもの」と捉え、その多義性の写真による視覚的表現を試み、同時にそれを自らが抱えるアイデンティティの問題にも重ねている。我々が暮らす環境や社会に目を向けた優れた作品として評価された。


数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。