第17回高校生のためのワークショップ 開催報告


第17回高校生のためのワークショップ 開催報告
 当ホームページでも参加募集をお知らせしておりました【第17回高校生のためのワークショップ】を7月16日、17日の2日間にわたり開催しました。当日の様子を報告いたします。

[デジタル写真クラス]
 穴吹先生が担当したデジタル写真クラスでは、撮影・画像処理・プリントまでの作業を勉強しました。
 1日目はデジタル写真の仕組みやデータの扱い方など、高品質なプリントを作るための基礎を学んだ後、様々な種類のポートレートの撮影を行いました。初めて会った参加者同士での撮影でしたが、しっかり打ち解けて和気あいあいの撮影となりました。
 2日目はPhotoshopでのRAW現像を勉強し、各自でプリント実習を行いました。普段なかなか使えない高品質な写真用紙を使用し、大きいサイズのプリントをわくわくした様子で制作しました。

[銀塩写真クラス]
 銀塩写真クラスでは田中先生のご指導のもと、2日間かけてモノクロフィルムの撮影から現像、大四切の大きなプリントに挑戦しました。
 1日目は初めて手にする35mmフィルムの一眼レフカメラで参加者同士や江古田校舎を撮影し、真っ暗な部屋でのリール巻きや薬品を使った現像を行いました。2日目は暗室の中でプリント作業を行いました。普段はデジタルカメラで撮影している高校生のみなさんにとって、アナログカメラの扱い方や暗室作業は難しそうでしたが試行錯誤を楽しんでいるようでした。

 2日間の最後には、両クラス一同に介して、今回制作した作品を並べ講評会を行いました。ワークショップでの経験が、今後の活動に役立つことを願っています。
 また、写真学科ではオープンキャンパスやワークショップなどを行っておりますので、今回ご参加いただけなかった皆様も機会がありましたら、是非ふるってご参加ください。



数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。