· 

2020年度卒業制作優秀作品

 

森上元貴「香港2019」2020年度芸術学部長賞

[作者]

森上元貴

[作品]

「香港2019」

[作者コメント]

香港は国家に拘束されない自由な空間が広がり、それが”香港”のアイデンティティを形成していた。

しかし、2019年、香港の自由は失われ、国家による統制が強まった。

これは”香港人”の抵抗の物語である。

 

香港曾經有國家不干涉的自由空間,形成了”香港”的身份認同。

不過,在2019年,香港失去了自由,國家加強了控制。

這是”香港人”的抵抗故事。

[受賞]

2020年度芸術学部長賞

 

 

佐藤大青「crescendo」2020年度芸術学部長賞

[作者]

佐藤大青

[作品]

「crescendo」

[作者コメント]

人間の手によって作り出され、人間によって捨てられた鉄路とそこに根付く自然。

人間のエゴと自然の力強さ。対立する二つが織りなす景色は美しく、どこか恐怖を覚えるものだった。

だんだん強く元の姿に戻ろうとする地球の片鱗の風景。その風景が見つめる先は過去か未来か、向かう先は希望か滅亡か。

[受賞]

2020年度芸術学部長賞

 

 

養田純奈「ふたたび」2020年度芸術学部長賞

[作者]

養田純奈

[作品]

「ふたたび」

[作者コメント]

生きていく上で人間だけが廃棄物を出して自然を汚染している昨今、自分たちの未来や自然を苦しめないためにも”ゴミをどう処理するか"ではなく"ゴミ自体を出さない"という考え方で私たちも意識して取り組まなくてはならないでしょう。この作品によって、徳島県上勝町で行われている活動に興味を持ったり、日常でゴミを少しでも減らしたりするきっかけになると嬉しいです。

[受賞]

2020年度芸術学部長賞

 

 

栗原朗「煌跡」2020年度芸術学部長賞

[作者]

栗原朗

[作品]

「煌跡」

[作者コメント]

生活の温もりに溢れるともしび、鐡路の中にある嫋やかな光、季節の色に瞬く輝き。

 

誰しもが日常で何気なく利用する鉄道。

彼らにはそれぞれの意図があり、もう二度と同じ瞬間は訪れない。

鉄道の中にある かけがえのない光を辿って。

[受賞]

2020年度芸術学部長賞

 

 

田原 敦「目下」2020年度芸術学部長賞

[作者]

田原 敦

[作品]

「目下」

[作者コメント]

地元をテーマに4年の歳月をか掛け撮影する。

20年間住んでいる地元の見慣れた景色もカメラという目を通せば新たな発見ができ、

地元の素晴らしき「今!」という瞬間も、撮ったということは過去になっても、

プリント1枚1枚にそれぞれの「今」が確実に残り続ける。

これからも新しい発見をカメラと共にしていく。

[受賞]

2020年度芸術学部長賞

 

 

金鎰均「No20」2020年度金丸重嶺賞

[作者]

金鎰均

[作品]

「No20」

[作者コメント]

CHANELの化粧品の形や色などを意識して広告写真を制作しました。

[受賞]

2020年度金丸重嶺賞

 

 

窪田有希「最速を求めて」2020年度金丸重嶺賞

[作者]

窪田有希

[作品]

「最速を求めて」

[作者コメント]

天候によって目まぐるしく変化する路面のコンディションや、タイヤの摩耗、ドライバー自身の精神的な部分での戦いなど、様々な難しい要素を乗り越え速さを極めていくドライバーとフォーミュラマシンの姿は、格好良くもあり美しい。 フォーミュラマシンとドライバーは最速を目指し走り続ける。

[受賞]

2020年度金丸重嶺賞