佐々木 龍「童唄」2011年芸術学部長賞受賞作品


佐々木 龍「童唄」2011年芸術学部長賞受賞作品
  • 佐々木 龍「童唄」
[作者]
佐々木 龍

[作品]
「童唄」

[解説]
日本人なら誰でも持っていると思われる幼少時への既視感と郷愁の念がうまくまとめられている。幼いころの子守唄の慣習などが失われつつある今日、このような類の写真の感性が直感的に人々に受け入れられるのも今が最後の時代となるのかもしれない、と気るかされる優れた作品である。

[受賞]
2011年芸術学部長賞

日本人なら誰でも持っていると思われる幼少時への既視感と郷愁の念がうまくまとめられている。幼いころの子守唄の慣習などが失われつつある今日、このような類の写真の感性が直感的に人々に受け入れられるのも今が最後の時代となるのかもしれない、と気るかされる優れた作品である。

数量:
  • mixiチェック

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。