佐々木 悠「Hue」


佐々木 悠「Hue」

佐々木 悠
「Hue」


東京で暮らすようになってから2年間、よく街中でファッションスナップを撮影した。
撮影のために色のついた壁を探すのが習慣になったが、東京には色のついた建物、個性のある建物が多いことに気がついた。

喧騒や雑踏に溢れた街の中で、他とはとりわけ異なる色や形で堂々と建っているように感じられる建物に魅了された。
それらはまるで人格があるように見えた。
個性があるように見えたそれらの建物に魅了されたのと同じように、東京に来て知り合った、輝いていて、堂々としていている人たちにも魅了された。

この作品では、東京都内の様々な建築を、ポートレートのように特徴を切り取る形で撮った。
それと同時に人物にも建築と同系色の服を着せ、建築物の内外で撮影した。
建築と人物は、全く異なる対象のように見えるが、実は両者に明確な共通点があるように思える。
建築にそれぞれカラーや特徴があるのと同じく、彼らにも似合う色、好きな色がある。
そうした色の服を着てもらい、同系色の建築の前や室内で撮る事で、彼らのより自然な表情を捉えるのと同時に、背景である建築にも一体となって溶け込むことが出来るのではないかと考えた。

建築も、人も、そのものの個性を撮ることで、それぞれの「色」を残したいと思う。
これから先の時間の経過の中で、建築も、人も時を重ねて、少しずつ変わっていく。
それぞれに色があって、個性、形、歴史、これから重ねる時間がある。
しかし、その事に気がついて心が動くことがなければ、それらは常に変わりゆく東京の喧騒の中に、たちまち消えてしまう。
だからこそ、今、写真に留めておきたい。




作品一覧 https://www.nuaphoto.com/2020sotsuten

著作権について
当ページに掲載されている写真の著作権は作者に帰属します。
権利者の許可なく複製、転用などする事は法律で禁止されています。

重要

数量:

おすすめ情報

最近チェックした情報

  • 最近チェックした商品はありません。