2020年05月25日 | 2020JPS展ヤングアイ部門 利川萌々・野口花梨による作品が会長賞を受賞!


写真学科の利川萌々(4年)・野口花梨(3年)によるユニットが、JPS展・ヤングアイ部門にて「公益社団法人日本写真家協会会長賞」を受賞しました!
おめでとうございます!

残念ながら写真展は2021年に延期になりましたが、日本写真家協会ホームページに協会からのメッセージ動画と共に、作品写真が動画にて掲載されております。
ぜひご高覧ください。
JPS展HP:https://www.jps.gr.jp/2020jpsten_message/


<制作者からのコメント>

歴史ある全国的な写真公募展のヤングアイ部門・会長賞という素敵な賞をいただけてとても嬉しく感じています。

この作品のタイトルであるノイズは、現代社会において私たち女性に向けられる視線や偏見、それによる感情の乱れを表しています。ジェンダーの象徴として撮影したひとりの女性の肖像写真に、あえて手作業で糸を紡ぐというアナログな方法を用いてノイズを表現しました。象徴的で神聖なイメージとなる様に、ライティングにもこだわりをもって制作しました。

限られた制作時間の中でお互いの特徴を活かし、私達らしい思い入れのある1枚を創り上げることができました。
これからの作品制作も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

利川萌々・野口花梨